二股で選べない…そんな時に選ぶための6つの方法

二股で選べない…そんな時に選ぶための6つの方法

二股で選べない…と悩むことも、時にはあるかもしれません。二股をすることがいけないことだと分かっていても、どちらにも魅力を感じて選ぶことが難しい場合もあるでしょう。

一人に選ぶ時には、何を基準にしたら良いのでしょうか。一緒に考えていきましょう。


スポンサーリンク


 

二股で選べない…そんな時に選ぶための6つの方法

 

あなたを大切にしてくれる人

まずあなた自身のことを大切にしてくれるのは、どちらの人なのかを考えてみましょう。見た目が良いということよりも、実はとても重要なことなのです。あなたのことを大切にしてくれる人を選んだ方が、結果的には穏やかな気持ちで過ごすことが出来るはずです。

でも自分本位だったり、自分勝手なタイプの方を選ぶと、そういう相手に対して、今後かなり気を使うことになるでしょう。そして神経をすり減らすこともあるかもしれないのです。自分が自分らしくいられる相手を選ぶことが重要です。

そのためにも、あなたのことを大切に思ってくれている人を選んだ方が賢明でしょう。

 

感性や価値観が合う人

感性や価値観については、ある程度合わないと一緒にいても長続きしないことが多いです。全く違うということは無いかもしれませんが、あまり合わないと感じるのであれば、感性や価値観が合う人を選んだ方が良いです。

その方が会話をする時や、どこかに出かける時などでも楽しく過ごすことが出来るのではないでしょうか。感性や価値観の違いを楽しむ余裕があるうちは良いのですが、それが出来ないような時には、受け入れることが難しくなります。

「受け入れることが出来ない…」と感じた時には、相手から離れるしかないかもしれませんので、今の時点で、感性や価値観の合う人を選んでおいた方が良いでしょう。

 

優しさや思いやりを感じる人

あなたに対してだけではなく、他の人に対しても優しさや思いやりを持っている人は、とても魅力的な人です。人に対して配慮をすることが出来るからです。そういう人なら一緒にいても、安心感を持つことが出来るでしょう。

でも、優しさや思いやりが表面的なものだったり、あなただけに向けられるようなものだとしたら、いずれはそこで衝突をすることになるでしょう。もしも今の時点で「この人は、優しさと思いやりを持っている」と感じることが出来るのなら、その人を選ぶ方が、結果として幸せになることが出来るはずです。

 

一緒に過ごしていて気持ちが落ち着く人

何度かデートをしてきて、気持ちが落ち着くと感じる人を選ぶ必要があります。例えば長い年月の間一緒に過ごしてきた相手の場合は、多少マンネリ化をしていることもあるかもしれません。

一緒にいることを当然のように思っているという態度は、表面に出てくるものです。そういう姿を見ていると、なんだかとても悲しい気持ちになってくると思います。だからこそ、新しく出会った優しい相手に気持ちが傾いてしまっている場合もあるのです。

二股をするということは、本来いけないことです。でもそうさせる相手というものが悪い場合もあるのです。相手が思いやりを持って大切にしてくれていたのなら…と思うこともあるでしょう。

そういう中で、今後この人と一緒に過ごしていく中で、自分は気持ちが落ち着くかどうかを考えてみましょう。それが出来ない…と思うのであれば、その相手とは、今後は一緒にいるべきではありません。

スポンサーリンク

誠実さを感じる人

誠実かどうか…ということは、二股をしている時点で言う権利は無いと思うかもしれません。でも人には色々な事情があります。そして時期によっては、やむを得ないこともあるのです。

そういう中でどちらかの人を選ぶのでしたら、誠実だと感じる方を選びましょう。誠実さというのは、基準は色々です。人によってはこれを誠実と呼ぶけれど、人によっては当然のようなこともあるのです。

でもあなた自身の基準で、この人は誠実というように思う相手を選ぶようにしてみてくさい。あなたに対して誠実な態度で接してくれている人を選ぶことにより、付き合うことで悩んだり苦しい思いしたりすることが減るかもしれません。

 

消えてしまったら耐えられない…と思う人

この人が目の前から消えてしまったら、耐えられないというように思う相手は、あなたにとって、とても大切な存在ということになります。そこで少し想像をしてみて、もしも目の前から、相手が消えてしまったら…と考えて、胸がザワザワするということでしたら、その相手のことを相当好きということになります。

時には客観視をするということが必要なのです。客観視をすれば、冷静に自分のことを見ることが出来るようになります。そこで自分の選ぶ道が見えてくることも多々あるのです。

 

いかがでしたか?

二股で選べないということは、他の人から見たら贅沢な悩みだと思われるかもしれません。その状態に持っていった自分が悪いというように、言われることもあるでしょう。でもそうなりたくてなったわけではない場合もあるのです。

そういう時に、一人の人を選ぶことが出来ればこれからの人生は全く違ったものになっていくはずです。そして二股をしていたということが、いつか懐かしい思い出に変わることでしょう。

 

まとめ

二股で選べない…そんな時に選ぶための6つの方法

・あなたを大切にしてくれる人
・感性や価値観が合う人
・優しさや思いやりを感じる人
・誠実さを感じる人
・消えてしまったら耐えられない…と思う人


スポンサーリンク

☆Lavevender HeartのTwitterをフォローしよう☆