米津玄師のフラミンゴの歌詞について

米津玄師のフラミンゴの歌詞について米津玄師の「Flamingo」。この曲を聴いて、世界観に驚いた人も多いのではないでしょうか。

そして、他の曲をたくさん聴いてファンになった人もいるでしょう。この曲には様々な魅力が溢れています。特にその魅力は歌詞にあると言えるでしょう。


スポンサーリンク


 

始まり方がミステリアス

この曲については、始まり方がとてもミステリアスですよね。これから何が始まるのだろう…と不思議な感覚になるのです。それはMVの雰囲気も関係しているでしょう。

でもそれだけではなく、イントロがとても短いのも特徴的。イントロの間に曲のイメージをする人が多い中、この曲はイントロの短さから、すぐに曲の世界に引き込まれていくような感じですよね。

 

歌詞について

曲を聴いていると、歌詞が自然に心に入ってきます。それは米津玄師が、この曲に込めた思いがとても純粋だからでしょう。そして米津玄師自身が、自分の歌を見栄を張ることなく、日常を見せるようにまるで友人に話すように表現しているのも魅力です。

分かりやすい言葉が並んでいるわけではないのですが、何度も聴いて覚えたくなったり、口ずさんだりする人が多いのは、その歌詞の言葉が生きているように感じるから。

言葉はとても大切なものだと教えてくれている、そう感じる人も多いでしょう。ただの恋愛ソングではなくもっと深い思いが込められています。

大切な相手を、どのように愛していけばいいのか、そして忘れていけばいいのか分からない。女性はフラミンゴのように鮮やかで華やかですが、その生き方を自分自身で認めているわけではない。複雑な二人の気持ちが感じられる曲です。

二人が一度でも恋愛をしたとしたら、その中でお互いを見つめ合う時間があったのでしょう。でも離れていく女性に対して、男性の気持ちはまるで宙を舞うように行き場を失うのです。

 

深い意味の歌詞

大切なものが分かっていても、得られない。そんなに簡単な世の中ではないと分かっていても、大切な存在がいてくれれば、それだけでいい。

お金を得たけれど、それに対して寄ってくる人たちに興味はない。もっと自分には求めているものがあるのです。でもそれが手に入らない苦しみは、計り知れないものでしょう。

曲の中の男性は、このまま自分の思いを連れて歩いていきます。でもいつかまた出会えるかもしれない、その希望はまだ残しているかのような表現。

そして、米津玄師の来ている服の赤色が、切なくそしてこの曲にとても合っています。フラミンゴに憧れているから赤色なのか、それともまだ愛情が残るからこの色なのか。

様々な想像をさせてくれる曲です。サビの部分だけではなく、曲の全てにおいて感じてほしいのが米津玄師の発する言葉が、人の心にとても響くということでしょう。

 

最後に

世の中に様々な曲がある中、このようなテイストの曲にはきっと出会えないほどの素晴らしい曲です。そして、ふと疲れた時に聴きたくなる柔らかな優しさは、米津玄師の性格や人柄でもあるのでしょう。

スポンサーリンク