メールを無視したくなる自分の心理は何?5つのもの

メールを無視したくなる自分の心理は何?5つのものメールを無視されると、人は色々と考えて悩むこともあります。結果として信頼関係も崩れやすいのです。

でもメールを無視したくなる自分の心理がある…ということもあるでしょう。では、メールを無視してしまう自分の心理は何なのでしょうか?今回はその心理について、一緒に考えていきましょう。


スポンサーリンク


 

メールを無視したくなる自分の心理は何?5つのもの

 

相手に返すことを面倒に思うから

好きな人に対しての返事であってもメールを返すことが面倒なこともあります。そういう時は、自分自身が疲れていることもあるかもしれません。そしてメールを返すというところまでパワーが無いこともあるのです。

特に相手がメールをよく送ってくる相手の場合には、つい無視をしてしまうこともあるでしょう。たまにしかメールをくれない相手の場合には、返さなきゃ!と思うかもしれません。今返さないと、関係が切れてしまうような焦りを感じるからです。

でも何度もメールをやりとりしている間柄の場合には、疲れているからという理由もあり、メールを無視したくなることがあっても、おかしくはありません。

 

メールを返信しにくい時間だから

メールを返そうとした時に既に深夜になっていたり、早朝にそのメールに気が付くこともあります。こういう時にはメールを返信しにくくなるものです。そして結果としてはメールを無視するようなことになるのです。

こちらとしては、返信が出来ないだけで無視をしたつもりはなくても、相手から見れば無視されたと思うことになるでしょう。返信が遅れたとしても、出来れば相手に対して返信をしておくことが、誠意です。

タイミングが合わないような時には、返信をしなくても良いのですが、返信が出来そうな時がきたら、遅れてごめんねと言うことを書いて返信をするようにすれば、無視をしたとは思われなくなるかもしれないですね。

 

好きではない相手からのメールだから

自分にとってあまり好きだと思えない相手でも、アドレスの交換をしてしまうことは、ノリと勢いであるものですよね。でもそういう時に、後からしまった!と思うこともあるでしょう。そのためこのままメールの返信をしないでいれば、相手はもうメールをしてこないかも…と思い、メールを無視することもあるのです。特に自分に対して気があるような人からのメールの場合は、返信をすることで気を持たせるかもしれないと思い、無視をすることもあるのではないでしょうか。

相手のメールのペースに合わせて返信をしていると、相手はこちらも愛情があるというように勘違いをしてしまうかもしれません。それを恐れて、返信をしないようにすることも実際にあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

好き避けをしているから

好きな人からのメールの場合は、どう返せば良いのかかなり悩むこともあります。そして返信内容によっては、好きという気持ちがバレてしまう…と思い、返信できないこともあるのです。

でもそうすることで、相手は無視をされたと思い込むこともありますので、好きな人に対しては、何らかの返事をした方が良いですね。当然のようにメールの返信をしないようなことをすると、嫌われてしまうかもしれません。

相手も勇気を出してメールをしてきてくれている場合もありますので、出来れば短い言葉でも良いので、返信をするようにしましょう。それだけでも大分印象が違ってきます。悪い印象を持たれないためには、メールが来たら出来るだけ早くに返信をすると良いですね。

メールを無視されたと相手が思わないようにしないと、いつの間にか相手から嫌われてしまうこともありますので、こちらとしては好き避けかもしれませんが、出来るだけ誠意を見せましょう。

 

返さなくても良いような内容だから

メールの内容によっては日記のようなものもあります。それに対しては読んでも返信はしなくてもいいかな…と思う気持ちも出てきますよね。実際に相手も特に返信を待っていないこともあります。

そしてこういうメールを送ってくる相手に返信をしてしまうと、また同じようなメールを送ってくる可能性がありますので、無視をした方が良いかも…と思う気持ちもあるのではないでしょうか。

相手としては、こちらにも今日の出来事のようなものを書いてほしい場合もあります。例えば好きな人のことは、色々と知っておきたいタイプの人なら、そう思うでしょう。そのために自分の一日の出来事を書いてくる人もいます。

そういう人はある意味、あまり器用ではないのかもしれません。その辺りを理解して、出来るだけ短い言葉でも返信をしてあげた方が関係は良くなるかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

メールを無視する心理についてお伝えしてきました。メールはLINEと違って、返信が無いと読んだかどうか、伝わったかどうかが分かりにくいものです。その代りに、いつでも好きな時に読んでねというような、思い遣りが入っていることもあるのです。その思い遣りを、あまりメールを無視すると、踏みにじることになりますので、メールの無視はほどほどにしておきましょう。

自分が同じことをされたら悲しい…と思うようであれば、メールの無視をせずに出来るだけ返すように心がけたいですね。

 

 まとめ

メールを無視したくなる自分の心理は何?5つのもの

・相手に返すことを面倒に思うから
・メールを返信しにくい時間だから
・好きではない相手からのメールだから
・好き避けをしているから
・返さなくても良いような内容だから


スポンサーリンク

☆Lavevender HeartのTwitterをフォローしよう☆