元彼に連絡をする時の5つの注意ポイント

元彼に連絡をする時の5つの注意ポイント

元彼に連絡をしたくなるのは、復縁がしたいという強い思いがあったり、ただ懐かしさから…という時だったりすると思います。でも、元彼に連絡をする時には、少し気を付けてする必要があります。

それにより、もしかしたら復縁をすることがあったり、相手から嫌な思いをされてしまうことがあるからです。

元彼に連絡をする時に、気を付けておきたいポイントについて、少し考えてみましょう。


スポンサーリンク


 

元彼に連絡をする時の5つの注意ポイント

 

自分の気持ちをまずは考えてみましょう

元彼に連絡がしたいと思うのは、愛情からなのかそれともただ気になるからなのか…自分自身が元彼に対してどういう思いがあるのかを、少し考えてみると良いかもしれません。とりあえず話してみないと分からないということでしたら、まずはメールからのやりとりを始めてみるといいですね。

そしてメールのやりとりをしている時に、どんどん会いたくなってくることもあると思います。その時に自分の気持ちがはっきりしても、それは遅いわけではなくこれからがスタートということになります。

自分の気持ちがはっきりしているかどうか自分で確認をしておくことにより、相手に対して接しやすくなるということがあります。相手とのやりとりを楽にするためにも、まずはあなたが今元彼のことをどう思っているのかについて、少し考える時間を持つことをお勧めします。

 

元彼に連絡する時の内容について

元彼にどのような内容で連絡をするのか、つまりはきっかけをどうするかということがあります。同窓会などがあったり会社での飲み会があったりして、その連絡をするためというきっかけなら連絡がしやすいでしょう。

それ以外なら「元気にしてる?」というように懐かしさや、気にしているということをアピールした内容でやりとりをするのも良いですね。でもいきなり元彼に復縁のメールを送るのではなくて、何度かのやりとりの中で様子をみた方が良いでしょう。

何度かやりとりをしていると、相手に今好きな人がいるのか、新しい彼女が出来たのかなどの情報を得ることが出来ます。それでもやっぱり好きという気持ちがあるのでしたら、復縁したいということを、相手に伝えるようにしましょう。

相手にどういう内容で連絡をするのかは、結構重要です。どちらが別れを切りだしたかということにも関係してきます。こちらから別れたいと思って伝えた相手なら、相手から見たら「今さら…」と思うかもしれません。その辺りを考えた上で連絡をするようにしたいですね。

 

元彼に連絡する方法を決めましょう

元彼と同じ職場で働いているということでしたら、残業時間や飲み会など色々な時に、元彼と話すチャンスがやってきます。そういう時を狙って二人きりになるようにしてみましょう。

その上で、別れてしまったけれどまだ気持ちが残っているというようなことを伝えられるといいですね。相手が返事がしづらいようなことを言うのではなくて、相手がかわしやすいような内容を伝えることも、1つの思いやりです。

今は復縁がダメでも、しばらくしたらその思いやりに気が付いて復縁をしたいと相手から思ってくれることもあるかもしれません。

もしも相手となかなか会えないという間柄なら、メールやLINEなどで連絡をとることになります。いきなり電話をかけるのは出来るだけ控えた方が良いでしょう。電話ができそうな雰囲気になってきたら話すようにして、まずはメールやLINEにてやりとりをした方が、相手も楽なはずです。

メールやLINEで「久しぶり!元気?」というように伝えてみましょう。でもその時のメールは絵文字などは出来るだけ少なくするようにして、本気度を見せた方が良いでしょう。 

スポンサーリンク

会話に困った時には

例えばメールでやりとりをしたり、電話で話すようなことになっても、どのようなことを伝えればいいのか、話せばいいのか困るようなこともあると思います。二人の共通のことを話題として持ってくるようにしましょう。

付き合いが長かったカップルほど、共通の話題というものが結構あるはずです。でもあまりたくさん思い出話をしていると、やっぱり二人は別れた二人なんだな…というように思われてしまうこともあります。

将来や未来についての話題も、少しは入れるようにしましょう。「今度○○があるらしいんだけど行かない?」とか、彼の好きと話していたアーティストの新しいCDについての話をしてみるというのもいいですね。少しでも未来に向けての話題を入れることが必要になってきます。

 

他人行儀過ぎず、でも慣れ慣れしすぎずに

相手に対してどういう態度を取ればいいのかですが、あまり他人行儀過ぎるのも距離感をお互いに感じてしまうことになります。そして馴れ馴れしすぎるというのも、なんだか…と思われることもあるでしょう。

程良い距離感を保った状態でやりとりをすることが大切です。相手の立場になって考えながら話すようにしましょう。そうすることにより、自然に相手の求めているものも分かってくるはずです。

 

いかがでしたか?

元彼に連絡をすることは、かなり勇気が要ることです。でも勇気を出さないとずっとこのまま復縁が出来ない…ということもありますから、ここで勇気を出すようにしてみましょう。

メールをしてみたら、案外やりとりがしやすい場合もあるのです。こちらが思っているように、相手もあなたのことを気にかけていることも、実際にあり得ることなのです。

 

まとめ

元彼に連絡をする時の5つの注意ポイント

・自分の気持ちをまずは考えてみましょう
・元彼に連絡する時の内容について
・元彼に連絡する方法を決めましょう
・会話に困った時には
・他人行儀過ぎず、でも慣れ慣れしすぎずに


スポンサーリンク

☆Lavevender HeartのTwitterをフォローしよう☆