恋愛で男性心理が分かりにくい…と感じる5つの時

恋愛で男性心理が分かりにくい…と感じる5つの時恋愛では色々な感情が起こります。男性心理が分からずに、戸惑う女性も多いでしょう。余計な妄想が膨らみ心とは裏腹の言動をしてしまうことで、お互いにギクシャクしてしまうことも。

どうせなら、勘違いや余計な詮索などせずに、できる限り穏やかな気持ちで恋愛をしたいと誰もが思っているでしょう。

女性と男性は根本的に違う生き物。完璧に理解し合うことはなかなかできるものではありません。しかし、男性心理をある程度知り恋愛することは、余計なもめ事を避けることにも繋がります。恋愛での男性心理、悩む必要がないことも多いですよ。


スポンサーリンク


 

恋愛で男性心理が分かりにくい…と感じる5つの時

 

付き合い始めたら、気持ちが冷めてきたように感じる

恋愛についての男性心理では、好きな人の気持ちを手に入れるまでは、一生懸命アプローチを行うことが多いでしょう。しかし、一度気持を確認すれば安心し、それまでのマメさは無くなります。

一方、女性はだんだんと気持ちが盛り上がる傾向があり、いつまでたっても最初の頃の気持ち、もしくはそれ以上の気持ちで接するため、男性と女性との間に距離が生まれます。

女性は寂しさや不安を覚え、更に男性へ愛情の働きかけをしますが、男性は気持ちが通じ合っているという確信から、恋愛が始まった当初よりも相手へのテンションは確実に下がっていくもの。

安心しているから起こる変化で、気持ちが冷めたわけではない事がほとんどですから、女性は焦らず、余裕を持って接すると良いでしょう。

世話を焼いたり頻繁に連絡をすることで、より自分から離れないと安心してしまうと考えられます。気持ちを確認したいのであれば、自分からも距離を置き、自分個人の楽しみを見つけること、また男性に合わせ過ぎず、自分の予定に合わない誘いは断るなどすることで、ほどよい距離感を保つことが可能でしょう。

 

忙しいからかまってもらえない

男性心理では、恋愛中いくら好きな人がいても、忙しく勉強や仕事をしなければならない時には、一つの事にのめり込み、その他の事を一時的に忘れてしまいます。

女性は恋愛中心に生活する人が多いうえ、忙しい中でも好きな男性への気遣いができる傾向にあるため、その状況に不満を持つこともあるでしょう。

不安になれば連絡を頻繁にしたり、不満を言ったりすることもあるかも知れませんが、どちらかといえば逆効果。理解できない女性がしつこく問い詰めたり拗ねたりすることで、喧嘩になったり窮屈に思われたりする可能性があります。

長い目で考えれば、大切な勉強や仕事をしっかりとこなすことは重要ですし、男として頼りになるとも考えられます。

かまってもらえない時期は、自分なりに乗り越える方法を考えましょう。

 

好きと言葉で言わない

恋愛では、気持ちを言葉で表して欲しいのが女性心理。しかし男性心理では「好き」や「愛している」などを言葉で表現する必要がないと感じていることが多く、それ以外の感情も表現することや発散することが苦手です。そのため、聞かれれば仕方なく言う人、または言葉を濁して言わない人もいらっしゃるでしょう。

聞かなくても気持ちを言って欲しい、と思うのは女性の心理ですし、気持ちの確認をすることで安心したいと思う事もあるでしょう。しかし男性心理では、言葉ではなく行動を見てくれれば分かるだろうと信じています。

確かに言葉で聞けば分かりやすいですが、言葉よりも行動の方が本当の気持ちが表れるとも言われます。女性は、相手の男性が普段どのように行動しているかをしっかり見極めると良いでしょう。

愛情表現は言葉だけではありません。

スポンサーリンク

話を聞いてくれない

男性心理と女性心理では、会話にも違いがあります。女性は感情面の話が基本で、男性には理解できないことも多いのです。その違いから、女性が聞いて欲しい話は、男性にとって苦痛になることも多く、途中で遮られたり、真剣に聞いてくれないと感じることがあるでしょう。言いたいことの真意が伝わらず、女性がイライラすることも。恋愛をする中で、会話は大切なコミュニケーションですが、感覚の違いからこじれることも多いのです。

女性は、気持ちを分かりやすく男性へ伝えるように心がけると良いでしょう。遠回しな伝え方では男性は理解ができず、解決できないどころかストレスになる可能性もあります。また、何も言わずに不機嫌になったり、無視したりしても全く伝わらないのが男性です。

何でわかってくれないの?と思う時、もしかしたら分かりにくい言葉使いや言い回しをしているのかも知れませんよ。

 

悩んでいても相談してくれない

恋愛中、相手が悩んでいるように見えれば心配ですよね。信頼していれば、どんなことでも相談して欲しいと考える女性が多いでしょう。しかし男性心理では、どのような問題も自分で解決するのが当たり前という考えが強く、特に女性には相談しないことが多いと言われています。

男性は、認められたい心理と、信頼してもらうことに喜びを感じるため、問題が起こっても助言を必要とはせず、むしろ信じて放っておいて欲しい思っている場合が多いのです。そのため、心配だからと問い詰めても逆に不機嫌になることも。また、何かに気が付いて助言をしても、鬱陶しいと思われる可能性があります。

信頼していないから相談しないのではなく、信頼関係を築くために放っておいて欲しいのです。弱音や相談をしてくれないと嘆くことはせず、解決するまで知らないふりをするのが賢明でしょう。

 

いかがでしたか?

恋愛に関わらず男性心理と女性心理には大きな違いがあります。自分の常識だけを当てはめ、思い込み、行動してしまうと良い方向に行かない可能性があります。

男性にも女性に色々な人がいるのは事実ですが、男性には男性の女性には女性の本質のようなものがあり、それは多くの人に当てはまると考えられますし、相手を変えることは至難の業。

小さな事であれば「男とはそういうもの」という広い心を持ち、深読みしすぎず対処することも大切でしょう。男性も女性と同じように、理解できない女性の言動に戸惑っているかもしれないのです。

 

まとめ

恋愛で男性心理が分かりにくい…と感じる5つの時

・付き合い始めたら、気持ちが冷めてきたように感じる
・忙しいからかまってもらえない
・好きと言葉で言わない
・話を聞いてくれない
・悩んでいても相談してくれない


スポンサーリンク

☆Lavevender HeartのTwitterをフォローしよう☆